地震や水害、台風など、万が一の災害の備えには、保険も忘れずにチェックしておきましょう!

こんにちは、名月住建の河野昇徳です。

住宅ローンを組んで住宅を購入する場合は、火災保険への加入が必須となるため、当然保険に入られるお客様がほとんどです。
補償内容は自分で選択できるので、建物の構造や建築地などによって必要な補償を選んで加入することが大切ですね。

たとえば、地震や噴火、津波といった災害を原因とする住宅や家財の損害は、火災保険では補償されません
「地震保険」は火災保険の特約になるため、火災保険に加入する際にセットで契約しておく必要があります。
このたびの大阪北部地震や北海道地震のような大規模地震は、今後も高い確率で発生が予想されるため、できるだけ地震保険に加入しておきたいところです。
名月住建でも、ほぼ100%のお客様が地震保険に加入されています

洪水や集中豪雨、土砂崩れといった水害による損害には「水災補償」が付帯されているかどうかがポイントとなります。
西日本の広域に甚大な被害をもたらした西日本豪雨で、水害の恐ろしさを改めて感じた人も多いと思いますが、今のお住まいやこれから家を建てる場所が、洪水ハザードマップが想定している浸水域にあたる場合などは加入を検討する必要がありそうです。

台風で瓦が飛んでしまった、飛来物で窓が割れたなどの風災による損害は、一般的に火災保険の補償対象となります。
但し、細かな補償の範囲は、保険会社や商品によって異なることがあるため、加入している保険の種類や補償を今一度チェックしておいてください。

また、損害が起きたときに契約者が自己負担をする必要がある免責金額にも気を付けましょう。
例えば、20万円の免責金額を設定していた場合は、20万円以下の損害が発生しても保険請求するメリットがないということになります。

近年の自然災害は、予想を超える大規模なものも増えています。
これから加入する方はもちろん、すでに加入済みの方も、この機会にご自身の保険の補償内容を見直してみてはいかがでしょうか。
自分たちの“住まい”という財産を守るための保険ですので、納得のいくまでしっかりと検討したいものですね。

名月住建株式会社
代表取締役社長 河野 昇徳

関連記事

PAGE TOP