家づくりで予算オーバーしたときにはここをチェック!コストダウン技をご紹介します!

「新築住宅の設計をしてもらったら、見積りが完全に予算オーバーしていた!」というのはよく耳にする話。
名月住建では、こうした予算オーバーを避けるため、最初の段階でお客様の資金計画のご相談にも乗らせていただいています。
この資金計画をもとにご予算に合ったプランでお見積りをするため、大幅な予算オーバーとなることはほとんどありません。

しかし、そうはいっても、あれもこれもとこだわりを入れていくと、結果的に予算オーバーしてしまうこともまったくないわけではありません。
そんなときには、住み心地を下げずにうまく予算調整ができるコストダウン方法をご紹介しています。

●家を正方形に近い形に
1階と2階の面積が同じ総二階の家は、1階と2階が不揃いな形をした家や凹凸の多い家に比べると、基礎や柱、壁など構造部と屋根材が最小限ですむため、建築コストが大きくカットできます。まずは家の形を見直すのが一番です。

●オープンな外構に
門扉を取り付けず、フェンスなどで家を囲わない開放的でオープンなエクステリアにすれば、外構工事費を大きくコストカットできます。

●仕切りの少ないオープンな間取りに
部屋数や間仕切り壁を減らすことで、壁を作る構造材やクロスなどの材料費、施工費や建具が省けます。子ども部屋は、最初は広めに取っておいて、将来的に区切れるようにしてもいいですね。

●設備や仕様のグレードを下げる
家族しか出入りしない2階には、グレードを落とした設備や仕様を取り入れても。水廻り設備や建具、床材、壁材などを見直してみましょう。

これは、予算オーバーしたときはもちろん、できるだけ安く家を建てたいというときにも使えるテクニック。
省けるものを省いて、その分こだわりたいところに予算をかけてもいいですね。
うまく予算調整して、理想の家づくりを叶えましょう

関連記事

PAGE TOP