失敗しない家づくりのために、マイホーム購入前に家づくりについて学んでください!

こんにちは、名月住建の河野昇徳です。

先日、あるお客様からこんなご依頼をいただきました。

 

「建売住宅を購入し住んでみたが、冬場に家のなかが想像以上に寒くて仕方がなかったので、内窓を取り付けてほしい」

 

そのお客様のお家が寒いのは、必要最低限の断熱対策だったからか、断熱対策がきちんとなされていなかったからだと考えられます。

断熱性の低い家は、夏は暑く冬場は冷え込み、屋内でも大きな温度差が生まれ、その結果、建てた後の住環境や住む人の健康に大きな影響を及ぼします。

 

家づくりをする場合、住宅性能は検討必須のポイントですが、建売住宅を見に行って断熱材やサッシの性能をチェックする人は少ないのではないでしょうか。

住みはじめてから不満を感じ、このようなリフォームのご依頼をいただくわけですが、お客様の話を聞いていると、住宅性能を考慮せずに家を購入してしまわれる方が本当に多いのだなと残念に感じます。

全く知識を持たないまま物件見学をして、間取りや内装、立地、価格だけで判断して家を購入し、後から後悔するケースは決して珍しいことではありません。

 

それは、住宅購入者へのアンケート調査の結果からもお分かりいただけます。

「家づくり(性能・資金)に関する勉強会があったら参加したいと思いますか?」

という質問に対し、

・マイホーム購入前の方・・・「参加したい」34.5%

・マイホーム購入後の方・・・「参加したかった」68.5%

という結果が出ています。(※ハイアス・アンド・カンパニー株式会社調べ)

実に約7割の方がマイホーム購入前に勉強しておけばよかったと後悔しています。

 

多くの方にとって、マイホームは一生に一度の大きな買い物であり、決して失敗したくないもののはず。

後悔しないために、家を建てる前にはきちんと家づくりを学んでほしいと心から願っています。

名月住建では、住宅コンサルタントやファイナンシャルプランナーをお招きして「後悔しないための賢い家づくり勉強会」を定期的に開催しています。

これから家づくりをしようという方は、ぜひご参加ください。

関連記事

PAGE TOP