スタッフ紹介 > 「住んでよかったと言っても...

ブログ・コラム

BLOG

ブログ・コラム

© ハーベストアーキテクチャー(名月住建). All Rights Reserved.

「住んでよかったと言ってもらえる家づくりが目標です」名月住建のスタッフ紹介~大工の福田比呂志さん ①
2017-09-26

名月住建スタッフ紹介第3号は、当社の家づくりの要を担ってくれている大工さんをご紹介します。大工歴24年のベテラン・福田比呂志さんです。

Q.この世界に入ったきっかけは?
妻の父が大工をしていました。結婚当時、まったく違う業界でサラリーマンをしていた私に、「うちで大工として頑張ってみないか」と義父に声を掛けられ、見習いとして弟子入りしました。サラリーマンより収入も増えるならと軽い気持ちで転職しましたが、実際は想像以上に厳しい世界。修業をはじめたばかりの頃は、「義父にだまされた!」と思いながら、泣く泣く仕事をしていました(笑)

とはいえ、一度大工になると決意したからには、きちんと一人前の大工となって食べていけるようになろうと義父の元で仕事を覚え、職人としての経験を積み、6年後に独り立ちしました。

Q.名月住建でのお仕事内容を教えてください。
名月住建とは、お互いに取引をしている材木屋さんからの紹介で、昨年の秋からお付き合いがはじまりました。R+HOUSEの施工研修を受け、1棟目にR+HOUSEを、2棟目に尼崎市尾浜商店街の靴屋・鈴木商店さんの鉄骨造の店舗付き住宅を担当しました。現在、3棟目のゼロキューブの施工が進行中です。

名月住建では、住宅から店舗まで構造や工法も異なるさまざまな建築を手掛けることができるため、大工の私にとっても、楽しくやりがいのある現場となっています。商品ラインナップも充実しており、お客様の予算やご希望に合わせてさまざまな提案ができるので、これから家づくりを考えている方がいらっしゃれば、ぜひ一度名月住建に相談してみてほしいと思います。

Q.お仕事での心がけやモットーとしていることを教えてください。
自分がイキイキと楽しく仕事をすることですね。楽しみながら工夫して家づくりに取り組むことが、結果的にいい家を造ることにつながっているように思います。

また、普段から現場を常にキレイに整理整頓しておくことにも気を付けています。お施主様はもちろん、いつ誰が来られても気持ちよく迎え入れられるような現場にしています。

安心して現場を任せることができる当社自慢の大工・福田さん。

来月も引き続き、福田さんのご紹介をさせていただきます。どうぞ、お楽しみに。

お客様の声
CONTACT

お問い合わせ