fbpx

Q&A > 【Q&A】床材は無垢材と合...

ブログ・コラム

BLOG

ブログ・コラム

© ハーベストアーキテクチャー(名月住建). All Rights Reserved.

【Q&A】床材は無垢材と合板材のどちらを選ぶべき?それぞれのメリットとデメリットを教えて!

2019-11-26

こんにちは、名月住建の河野 昇徳です。

 

今回は、名月住建で注文住宅を建てられるお客様からいただく質問をご紹介します。

 

Q. 床材は無垢材と合板材のどちらを選ぶべきですか?

床材には、天然木を切り出して床板の形に加工した無垢材と、複数の薄い板を接着剤で張り合わせて表面に木目の

化粧シートなどを貼りつけた合板材があります。

床材は、直接肌に触れるところでもあり、使用する面積も大きいため、それぞれの長所と短所をよく知ってから選びたいものです。

 

●無垢材

 

 

無垢材の魅力は、何といっても高耐久。1300年以上の寿命を保つ法隆寺のような建物を見てもそれは明らかです。

調湿性にすぐれており、夏はさらりとして気持ちよく、冬はほんのりとあたたかさを感じます。素肌に触れたときの肌触りの良さも魅力です。

しかし、一方で合板材に比べると価格の面では決して安いとはいえません。

汚れや傷がつきやすく、湿気によって収縮するため、反りや割れが出やすいという欠点もあります。

 

 

●合板材

 

 

現在、床材の主流となっているのが、合板材です。サイズが一定で強度があり、表面がコーティングされているため、

傷や汚れにも強く、お手入れしやすいことが特長。大量生産されているため価格も安価で、質感やデザインのバリエーションが豊富なことも魅力です。

 

しかし、一方で、硬くて肌触りが悪い、湿気でベタつくなどの難点があります。

表面の塗装は、はがれてくると一気に劣化してしまうため、張替えが必要になり、長い目で見るとコスト高となる場合があります。

 

一時期、合板材に使われる接着剤にシックハウス症候群の原因物質「ホルムアルデヒド」が含まれていることが問題となりましたが、

現在はF☆☆☆☆(Fフォースター)と呼ばれる低ホルムアルデヒドの建材なども登場し、合板材もずいぶん進化しています。

 

 

無垢材が当社標準ですが、予算の関係でコストダウンしたいというときは、

合板材の表面に薄い天然木を貼った見た目はほとんど無垢材と変わらない突板(つきいた)と呼ばれる合板材を使う手も。

 

あるいは、長時間過ごす場所や家族が集まるLDK等に絞って無垢材を、

その他は合板材といったように使い分けすることでコストダウンすることもできます。
名月住建株式会社
代表取締役社長 河野 昇徳

お客様の声
CONTACT

お問い合わせ