fbpx

Q&A > 【Q&A】新築するときに床...

ブログ・コラム

BLOG

ブログ・コラム

© ハーベストアーキテクチャー(名月住建). All Rights Reserved.

【Q&A】新築するときに床暖房はつけるべき?~ 尼崎・阪神エリアの新築注文住宅~

2019-01-29

こんにちは、名月住建の河野昇徳です。

今回は、当社で家を建てられるお客様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.新築するときに床暖房はつけたほうがいいの?

答えはズバリ、NOです!

 

冬の底冷え対策として床暖房をつけるケースが多いと思いますが、名月住建の家は底冷えしないような施工を行っているため、基本的に床暖房は必要ないと考えています。

一般的な住宅にありがちなケースですが、1階の床の下に断熱材を入れたとしても外気が入りやすく通気できるような施工をしている場合、床下の冷たい冷気が床の表面に伝わってきます。

 

しかし、当社の場合はお部屋の断熱と同じように、床下も基礎から丸ごと断熱材で囲うようにして、床下に外気が入ってこないようにしています。

気密性の高い隙間の少ない家なので、暖められた空気が屋根から抜けにくく、床に冷たい空気が侵入してこないのです。

 

 

また、同時に1階の床にガラリ(通気口)を取り付け、暖房で暖められた空気が床下に入っていくような構造にしていることも床下からの冷えを感じにくい理由です。

 

つまり、お部屋と同じ環境を床下につくりだすことで、お部屋と床下が変わらない温度となり、足元の冷えを感じにくくしています。

床暖房を設置しなければ、数十万円の初期費用は不要となり、冬場の暖房費も節約できます。

もちろん、メンテナンス費や修理代がかかることもありません。

 

吹き抜けやリビング階段がある場合、暖かい空気が上に逃げるためどうしても床暖房が必要になるのではないかというご質問をいただきますが、このような理由から、名月住建では「床暖房は必要ありません」とお答えしています。

 

名月住建株式会社 

代表取締役社長 河野 昇徳

お客様の声
CONTACT

お問い合わせ