fbpx

施工事例 > 【施工事例】生活シーンを彩...

ブログ・コラム

BLOG

ブログ・コラム

© ハーベストアーキテクチャー(名月住建). All Rights Reserved.

【施工事例】生活シーンを彩る照明計画。空間をより引き立たせるライティングの実例をご紹介!

2019-10-08

こんにちは、名月住建の河野昇徳です。

住まいの空間演出に欠かせないものといえば、照明計画。
最近は、LEDを中心に、照明器具の形や調光機能もますます多様化していることから、照明を上手に使うことでより効果的に空間演出ができるようになっています。
今回は、施工事例の中から照明によるシーンづくりの実例をご紹介します。

●リビング

リビングは、天井に埋め込むタイプのダウンライトを基本に、間接照明をプラスして陰影を作り出し、お部屋の表情を演出するのがおすすめです。
折り上げ天井の中に照明器具を設置し光を天井に反射させると、光が広がって伸びてくるため、室内全体がやわらかな癒しの雰囲気になります。

テレビ上の天井に間接照明を入れたり、テレビボードを造り付けするような場合であれば、その上下に間接照明を組み込んでおけば、室内のアクセントにも。
壁面や床を照らすことで、空間に奥行き感を与え、安らぎ感やくつろげる雰囲気を盛り上げてくれます。

●キッチン

キッチン背面の収納上に間接照明を設置しました。
やさしい雰囲気を演出するだけでなく、手元作業が多いキッチンにふさわしい実用性も兼ね備えた明るさを確保しています。

●ダイニング

ダイニングには、食卓やカウンターなど、一定の範囲を照らしてくれる存在感のあるペンダントライトがおすすめです。
レールの好きな位置にライトを取付できる「ダクトレール」を取り付けておけば、テーブルレイアウトや雰囲気を変更する際に、照明を取り外したり付け替えたりすることができて便利です。

名月住建では、照明器具の特徴と効果を考え、お客様の生活シーンやライフスタイルに合わせた照明計画をご提案しています。

名月住建株式会社
代表取締役社長 河野 昇徳

お客様の声
CONTACT

お問い合わせ