fbpx

施工事例 > 【家づくりレポート】地域型...

ブログ・コラム

BLOG

ブログ・コラム

© ハーベストアーキテクチャー(名月住建). All Rights Reserved.

【家づくりレポート】地域型住宅グリーン化事業の制度を利用した尼崎市0様の家づくりが進んでいます!

2019-01-17

こんにちは、名月住建の河野 昇徳です。

今回は、名月住建とご縁をいただき、12月に新築工事に着工した尼崎市O様の家づくりをご紹介したいと思います。

 

先日無事上棟が終わったO様邸ですが、こちらのお宅は補助金を上手に活用してお得に家づくりをすすめています。

O様が利用しているのは、「地域型住宅グリーン化事業」における長寿命型(長期優良住宅)の認定要件を満たす家づくり

この制度は、地域の中小工務店が建てる長期優良住宅や低炭素住宅、ゼロ・エネルギー住宅といった省エネルギー性能や耐久性能等に優れた木造住宅を新築する場合などに、国土交通省から補助金が交付されるものとなっています。

地域木材を50%以上利用する場合や三世代同居への対応を合わせて行う場合は、補助金がさらに加算され、平成30年度の場合は、最大で140万円もの補助金を受けることができます。

 

実はこうした制度を利用するためには、毎回、たくさんの補助金申請の書類をそろえたり、必要事項を記入したりするのに大変な時間を費やすことになるのですが、補助金を受け取っていただくことでお客様の負担が少しでも軽くなるならと考え、名月住建では利用できる制度を積極的にご紹介し、活用のお手伝いをしています

 

これから家づくりを考える方も、何かとお金がかかる家づくりだからこそ、賢く理想の住まいを叶えるために、使える制度や補助金をチェックしてみることをおすすめします。

条件が合えば、O様のように賢い家づくりができる可能性がありますよ。

但し、この制度は、国土交通省の採択を受けた住宅供給グループに所属する工務店でなければ、補助金の申請ができません。

こうした制度を利用したいと考える場合は、対応が可能な工務店かどうかも合わせてチェックしてください

 

このような住宅の補助金制度は、住まいの仕様や条件、申請の方法、申請の期間、補助金の額などが毎年変わります。

補助金を利用した家づくりに興味のある方や家づくりに関する補助金の最新情報を知りたい方は、お気軽に名月住建にお問い合わせください

 

名月住建株式会社

代表取締役社長 河野 昇徳

お客様の声
CONTACT

お問い合わせ