fbpx

住まいのノウハウ > 「高気密」「高断熱」「計画...

ブログ・コラム

BLOG

ブログ・コラム

© ハーベストアーキテクチャー(名月住建). All Rights Reserved.

「高気密」「高断熱」「計画換気」を考えた家づくりをすれば、冬場の洗濯物も室内でカラッと乾きます♪

2020-02-18

こんにちは、名月住建の河野昇徳です。

寒い季節のお困りごとといえば、洗濯物

冬は厚手の衣類が増えるため、朝から外干ししていても生乾きのままで、乾燥機を使ったり、ストーブやファンヒーターの前に並べたりして乾かしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

これからマイホームを建てる方なら、家づくりのときから対策をしておくことで、このようなお悩みとは無縁に!
その秘密は、「高気密」「高断熱」、そして「計画換気」を考えた家づくりにあります。

断熱性能と気密性能を高め、きちんと計画換気が行われる家にしておくと、快適な室内干しができる家になりますよ♪

 

 

「高気密住宅で室内干しをすると、逆に湿気がこもって洗濯物が乾かないのでは?」と思われるかも知れませんが、それは間違いです。

隙間の少ない気密性の高い住まいで、かつ計画換気が行われていれば、室内の湿った空気を排出し、外から新鮮な空気だけを取り入れてくれるから、室内は常に快適。

名月住建では、ルフロという高性能な換気システムを採用しているので、冬場の室内干しであっても晴れた日の外干し並みに洗濯物がどんどん乾く上、快適な室内環境を維持します。

もちろん、洗濯物の生乾き特有のあのイヤなニオイが室内にこもることもありません。

 

 

サンルームなどの室内干し専用スペースをわざわざ作らなくても、空気が循環しやすい吹き抜けや階段上などの天井に室内干しフックを設置しておけば、冬場や雨の日の洗濯物対策はバッチリ!

使うときだけ竿やワイヤーを通せば洗濯物が手軽に干せるので、新築のときに取り付けておくととても便利です。
「春先は花粉症で洗濯物が外干しできない!」という方にもおすすめですよ。

 

 

名月住建では、設計段階からお客様のライフスタイルに合わせた快適な暮らしをご提案。
ストレスのない住まいをプランニングしてまいります♪

 

お客様の声
CONTACT

お問い合わせ