fbpx

住まいのノウハウ > 変形地でも理想の家が建つ!...

ブログ・コラム

BLOG

ブログ・コラム

© ハーベストアーキテクチャー(名月住建). All Rights Reserved.

変形地でも理想の家が建つ!予算内で土地が見つからない場合、変形地も選択肢に入れてみませんか?

2019-06-20

こんにちは、名月住建の河野昇徳です。

家を建てるための土地というと、正方形や長方形の整形地をイメージする方も多いのではないでしょうか。
しかし、土地の中にはL字型や三角形、台形など、一般的な規格から外れた変形地と呼ばれる土地も多くあります。

 

 

こうした変形地を購入して家を設計すると、使い勝手の悪い家になりそうだとか希望の間取りがうまく入らないのではと不安を持つ人もあり、候補から外して考える人も多いようです。
しかし、ちょっと待ってください!

家づくりの予算に余裕がなく、希望のエリアで希望の広さの整形地が見つからないという場合は、整形地よりも割安な価格で手に入るこうした変形地を購入して家を建てることを考えてみるのもひとつの手です。
なぜなら、アトリエ建築家との家づくりを行う名月住建では、設計によってこうした変形地のデメリットをメリットに変えることができるから。
土地の形だけで良し悪しを判断するのではなく、そこにお客様の希望のプランが入るかどうかでアトリエ建築家は判断します。

 

 

これまでにも、このような変形地の特徴を最大限に活かし、その土地を住まい手にとっての最高の土地に生まれ変わらせてきた実績が私たちにはあります。
過去には、包丁のようないびつな形をした変形地に、エッジの効いた個性あふれるオンリーワンの家をつくり上げたこともありました。

 

 

予算オーバーの土地を無理して買うことは、私はお勧めしません。
建築に掛けられる予算が減り、思い通りの家が建たなくなるというリスクがあるからです。
もし予算内で希望の土地が見つからない場合、このような変形地も候補に入れて探してみてはいかがでしょうか。

変形地でも条件によっては、お得にオンリーワンのお家が建てられる場合があります。
名月住建では、このように土地が持つ特性を最大限に活かした家づくりのご提案を行っています。

 

名月住建株式会社 
代表取締役社長 河野 昇徳

 

お客様の声
CONTACT

お問い合わせ