fbpx

住まいのノウハウ > 名月住建では、地盤改良工事...

ブログ・コラム

BLOG

ブログ・コラム

© ハーベストアーキテクチャー(名月住建). All Rights Reserved.

名月住建では、地盤改良工事に、地震にも液状化にも強い「HySPEED(ハイスピード)工法」を採用しています!

2018-11-13

こんにちは、名月住建の河野昇徳です。

意外と知られていないのですが、家を建てるときに欠かせないものといえば「地盤調査」
まずは足元である地盤をしっかりチェックすることが大切です。

地盤調査を行うと、住宅を支える充分な強さを備えている土地なのかどうかがわかります。

地盤調査の結果、必要と判断されれば、地盤改良工事による地盤の補強を行います

名月住建では、このような地盤改良工事において、「HySPEED(ハイスピード)工法」という地盤改良工法を採用しています。

この工法は、地盤に孔(あな)を掘り、砕石を詰め込んで石柱を形成する地盤改良工法です。
すぐれた点は、石柱(砕石杭)が他の種類の杭とは違い、地面と強度が一体化すること。
また、この工法には地盤そのものを強くしたり、揺れによる共振をやわらげたりする効果もあります。
強い地震で怖いのは液状化ですが、砕石杭が水を通すので水圧を逃がすことができ、液状化が発生するリスクを低減することが可能なすぐれた工法です。

万が一、土地の地盤が軟弱であった場合、建物がいくら強固であっても、建物が傾いたり、建物の重さで地盤が下がってしまったり、地震によって液状化が起こる可能性があります。
最悪の場合、住めなくなってしまうことも。

建てた後からでは、やり直しができないものですので、安心して住める家を建てるためには、地盤のチェックが不可欠です。
注文住宅は、デザインや設備仕様など目に見える部分にどうしても関心が行きがちですが、家を支える地盤にもぜひ目を向けてみてください

名月住建株式会社
代表取締役社長 河野 昇徳

お客様の声
CONTACT

お問い合わせ