fbpx

家づくりのこだわり > いいものだから標準仕様。名...

ブログ・コラム

BLOG

ブログ・コラム

© ハーベストアーキテクチャー(名月住建). All Rights Reserved.

いいものだから標準仕様。名月住建の性能へのこだわり「タイベックシルバー」をご紹介します!

2018-09-20

名月住建では、高性能な住宅を実現するために、さまざまな設備仕様を採用しています。
今回は、その中のひとつ、住まいの快適性を高めるために使用している建築資材「タイベックシルバー」をご紹介したいと思います。
一般の方にはなじみの少ないものですが、家づくりにはとても大切な建材です。

タイベックシルバーは、米国デュポン社が独自開発した透湿・防水・遮熱シート。
高密度ポリエチレン不織布タイベックにアルミニウムを蒸着させ、さらに繊維の一本いっぽんにアルミニウムの劣化を防ぐ抗酸化樹脂コーティングを施してあります。
薄い防水フィルムに透湿アルミニウムを挟んだだけの一般的な遮熱シートとは異なり、長期間使用しても遮熱性、防水性の劣化が少ない強靭な製品です。

●夏は涼しく、冬暖かな家に!
赤外線反射率約85%という、高い遮熱性が特長。夏は屋外(外装材)からの輻射熱(赤外線)を反射して室内を涼しくし、冬は屋外への熱の放射を抑え室内を暖かく保ってくれます。

●酸化劣化が少ない優秀建材!
アルミニウムは劣化しやすい素材ですが、タイベックシルバーは独自の構造と抗酸化樹脂コーティングにより、真夏の厳しい環境下でも酸化劣化を抑え、建材として充分な耐久性を確保しています。長期間使用しても劣化が少ないので遮熱・透湿・防水効果が長続きします。

●湿気は通すのに水は通さない!
透湿性と防水性を兼ね備えているから、無数に存在する繊維の隙間から湿気を逃がしながら、水分はシャットアウト。施工時に雨にさらされた場合や万一の外壁からの浸水にも水滴が内部に浸透するのを防いでくれます。

厳しい風雨や雪にさらされる旭川市の建物では、18年経過しても断熱材は保護され、ほとんど劣化していないという測定結果もあるほどタイベックシルバーは優秀な建築資材です。

遮熱シートは家を建ててしまうと見えなくなってしまう部分であり、一度施工すると外壁材を剥がさなくては取替えができない部分。
あとで簡単に変更したり追加したりできないからこそ、建てる際に採用しておくことが大切です。
コストがかかっても長く快適に住んでいただきたいという想いから、名月住建では高性能なタイベックシルバーを採用しています。

名月住建では、タイベックシルバーは標準仕様
「快適な住まいを実現するためには見えないところにもしっかりこだわる」
「いいものはオプションではなく、標準仕様」
これが、名月住建のポリシーです。

お客様の声
CONTACT

お問い合わせ