fbpx

家づくりのこだわり > 内部結露を防いで、高耐久性...

ブログ・コラム

BLOG

ブログ・コラム

© ハーベストアーキテクチャー(名月住建). All Rights Reserved.

内部結露を防いで、高耐久性を実現する名月住建の家づくり。住まいの大敵・結露に気を付けて!

2018-01-25

こんにちは、名月住建です。
凍てつくような寒さを感じるこの時期。
みなさんの中には、お家の結露に悩まされる方も多いと思います。

結露とは、空気に含まれる水蒸気が冷やされて水に変わる現象のこと。
水蒸気が、外気で冷やされたガラスや壁などの表面に水蒸気があたることによって水滴となり、結露が発生します。

窓ガラスや壁、床などに起こる「表面結露」は目に見えるため、結露防止シートを取り付けたり、こまめに換気をしたりと対策をされる方も多いと思いますが、住宅にとって怖いのは、壁の内部や床下、天井裏といった、見えないところで起きる「内部結露」です。

これは、木材の耐久性を低下させる何よりの大敵。
結露を放置したままにすると、カビやダニ、シロアリなどが発生し、住む人の健康に悪影響を与えるだけでなく、家の基礎や柱などを腐らせる原因になることも。
しっかりと対策を講じておくことが何より大切です。
結露を防ぐためには「気密」と「換気」の要素が必要不可欠となります。
特に計画的な換気によって、湿度をコントロールすることが重要です。

名月住建の家は、高い気密性正しい計画換気を実現していることに加え、万が一結露が発生しても、木材にダメージを与える前に水蒸気として逃がす構造をとっているのが特徴です。

これによって、耐久性の高い木造住宅を実現しています。

木材」は、もともと耐久性に優れた建築材料。

数百年前に建てられた木造の寺院が、現在でも数多く残っていることからも、その耐久性の高さが伺えます。
適切な設計・施工・メンテナンスを行うことで、木造住宅長きにわたって使い続けることが可能になるのです。

名月住建では、新築住宅はもちろんのこと、断熱対策をしていない住宅への断熱リフォーム工事のご相談にも応じています。
結露で悩んでいる方、今のお住まいに長く住み続けたい方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

お客様の声
CONTACT

お問い合わせ