fbpx

家づくりのこだわり > 【施工事例】思わず見上げた...

ブログ・コラム

BLOG

ブログ・コラム

© ハーベストアーキテクチャー(名月住建). All Rights Reserved.

【施工事例】思わず見上げたくなる!建物を斜めに切り取る斬新なアイデアが光る家

2017-09-19

「名月住建の家づくりってどんなもの?」

そんな皆様の疑問にお答えするために、私たちの建築実績をご紹介させていただくシリーズ。

今回は、当社の商品ラインナップのひとつでもあるR+HOUSE施工事例をご紹介します。

思わず立ち止まって見上げてしまうような斬新な外観が特徴のO様邸です。

両隣にはすでに家が建ち、間口が狭く奥行きのある道路沿いの分譲地をご購入されたO様。マイホームを建てるにあたってのご希望は、南北に長い敷地を建物で分断するのではなく、家を介して南北のつながりを持った配置に、そして並んでいるどの家よりも目立つかっこいい建物にしたい!ということでした。

O様のご希望を叶えるべく、アトリエ建築家がご提案したのは、誰もがあっと驚くような斬新なプラン。方位のズレと隣家の窓への日照の配慮が、建物をざっくりと斜めに切り取るという驚くべきアイデアとなり、エッジの効いた外観デザインが道行く人の目を引くおしゃれなお家が誕生しました!

この三角の大きさは、木造グリットと中庭が見えそうで見えない点を結んで導き出した絶妙なもの。午後の日照を室内に取り込むために、階段と窓を慎重に配しているのも特徴です。そのため、南の空から三角を通じて、ほどよい光が差し込むリビングは、「たまり場」となるような空間にしたいというO様のご希望通り、家族が自然と集まる明るくて居心地の良い場所となりました。

建物全体のボリューム感とは対照的に、あえて小さなポーチとし、玄関を開けたときの広がりで空間の強弱も感じられるような工夫もプラス。また、お風呂と洗面所を2階に配置し、洗う・干す・片付けるという行動がすべて2階で行うことができるよう、家事導線の良さにもこだわりました。

北側の田園が魅せる季節ごとの風景や川の音、虫の音をゆったりとした時間の中で感じられるよう、一段床を落として目線を田園に近づけていることもポイントです。地域柄いつも風があり、各階の窓を開ければ、心地よい風が通る快適な住まいになっています。

 

お客様の声
CONTACT

お問い合わせ