ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)

「名月住建の家づくりってどんなもの?」

そんな皆様の疑問にお答えするために、私たちの建築実績をご紹介させていただくシリーズ。

今回のお宅は、完成鑑賞会を先日開催したばかりの伊丹市美鈴町のM様邸です。

なんと、M様の新しいお住まいは、今話題の「ZEH(ゼッチ)」住宅。

住宅でつくったエネルギーのほうが年間の消費エネルギーより多い、または差がゼロになるという、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)なんです!

「ZEH」とは、住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

初期コストはかかっても、住む人にとっては光熱費がかからないというメリットがある上、ZEH仕様を導入しやすいように、現在は国が補助金を出して普及・促進しています。

各種条件を満たせば補助金を受け取ることも可能。

政府は、省エネ基準をすべての新築住宅に義務付け、2020年までに標準的な新築住宅をZEHとし、2030年には新築住宅の平均でZEHを目指す計画です。

ZEHの必要性は、今後ますます高まってくるといえるでしょう。

伊丹市美鈴町M様邸の施工事例はいかがでしたか?

名月住建はZEH住宅をはじめ、お客様の理想の住まいを形にするお手伝いをしています。

実現したいこだわりのある方は、何なりとご相談ください。

 

PAGE TOP