子育て世代にやさしい家づくり!子育てを楽しくする住まいのアイデア<間取り編>

こんにちは、名月住建です。

名月住建で家を建てられるお客様のほとんどが子育て世代の若いご夫婦。
せっかく家を買うのなら、子育てのしやすい住宅にしたい!」というご要望をよくお聞きします。

家づくりにはいろいろな考え方やテクニックがありますが、子育てのアイデアを取り入れたお家なら、ママの育児ストレスもぐっと軽減され、親子の絆が深まること間違いなし!
今回は、子育てしやすい家づくりの工夫を「間取り」の視点からご紹介したいと思います。

●子どもの様子が見えるキッチン
キッチンを対面式や開放的なオープンキッチンにすれば、家事をしながら小さいお子様の安全を見守ることができます。
お子様が昼寝をしたり、遊んだりしている様子がキッチンから見渡せるような設計にしておくのがポイント。
また、広めのキッチンスペースを確保すれば、子どもと一緒に楽しくお料理でき、お手伝いの習慣も身につきますよ。

●リビングにスタディスペースを
適度な生活音のある環境での学習は集中力が養われるとして、すっかり人気になったリビングのスタディスペース。
子どもの学習する様子を見ながらキッチンに立てるのでママも安心です。
壁面を利用して造作でカウンターデスクを設置すれば、簡単にスタディスペースができます。

●何かと便利な畳スペース
小さい子どもがいる場合、リビング横に畳スペースがあると何かと便利
畳は適度なクッション性があるので、子どものおむつ替えやお昼寝、遊びスペースにぴったりです。
そのほか、洗濯物を畳んだりアイロンがけをしたりと家事スペースにも応用できます。

●子ども部屋は可変性のある間取りに
子ども部屋は、子どもの成長や年齢に合わせて使えるように工夫しましょう。
お子様が小さいうちは家族や兄弟の共用スペースとして使えるようにし、成長すれば間仕切り壁を作って個室として利用します。

次回は、「子育てを楽しくする住まいのアイデア」の<収納&動線編>をお届けします。
どうぞお楽しみに!

関連記事

PAGE TOP