fbpx

お知らせ

名月住建は、高気密・高断熱にとことんこだわります!~ 尼崎・阪神エリアの新築注文住宅~

こんにちは。名月住建です。
住宅を選ぶとき、家が建った後の住環境に大きな影響を与える「住宅性能」は、気になるところですよね!
性能の良い家とは、一言でいうと「冬暖かく、夏涼しい家」のこと。

 

そのためには、住宅の「気密性」と「断熱性」を高めることが不可欠です。

家の気密性能はC値という指標で表されますが、0に近いほどすき間が少なく、気密性能の高い家ということになります。
すき間を減らすことで熱が外に漏れるのを防ぎ、冷暖房効率の高いに。
冷暖房用エネルギーの使用量が低減できるから、環境にも家計にもやさしい家となり、また、結露の防止にも効果があるので快適性もアップします。
名月住建では、施工途中で締め切ったときの家の密度を測る「気密検査」を行い、C値を1.0㎤/㎥以下にすることを目標としています。
気密検査の立ち会いも可能ですので、実際に現場で測定結果を確認されるお客様もいらっしゃいますよ。
目に見える数値で示されると、家の性能がどれくらい良いものかがよくわかるので安心ですね。

断熱性能を表すQ値も、C値同様に0に近いほど断熱に優れ、熱が逃げにくく保温性の高い家となります。
名月住建では、グラスウールを大幅に上回る優れた断熱性能を持ち、水にも強い「R+パネル」による「断熱工事」で、住宅が外部と接する外壁、屋根、窓などから熱が伝わらないようにしていきます。
「R+パネル」は、ジャストサイズのはめ込み式の施工のため、技術にムラが出ないことが特徴。
これによって、どの家にも確実に、高気密高断熱の壁を提供できます。

正しく断熱して気密性能を高め、さらに計画換気を行うことで結露を防止し“快適な住まいを実現させるのが、私たち名月住建の家づくり。
性能にこだわった家づくりを考えるなら、ぜひ名月住建にご相談ください。

お知らせ

内部結露を防いで、高耐久性を実現する名月住建の家づくり。住まいの大敵・結露に気を付けて!

こんにちは、名月住建です。
凍てつくような寒さを感じるこの時期。
みなさんの中には、お家の結露に悩まされる方も多いと思います。

結露とは、空気に含まれる水蒸気が冷やされて水に変わる現象のこと。
水蒸気が、外気で冷やされたガラスや壁などの表面に水蒸気があたることによって水滴となり、結露が発生します。

窓ガラスや壁、床などに起こる「表面結露」は目に見えるため、結露防止シートを取り付けたり、こまめに換気をしたりと対策をされる方も多いと思いますが、住宅にとって怖いのは、壁の内部や床下、天井裏といった、見えないところで起きる「内部結露」です。

これは、木材の耐久性を低下させる何よりの大敵。
結露を放置したままにすると、カビやダニ、シロアリなどが発生し、住む人の健康に悪影響を与えるだけでなく、家の基礎や柱などを腐らせる原因になることも。
しっかりと対策を講じておくことが何より大切です。
結露を防ぐためには「気密」と「換気」の要素が必要不可欠となります。
特に計画的な換気によって、湿度をコントロールすることが重要です。

名月住建の家は、高い気密性正しい計画換気を実現していることに加え、万が一結露が発生しても、木材にダメージを与える前に水蒸気として逃がす構造をとっているのが特徴です。

これによって、耐久性の高い木造住宅を実現しています。

木材」は、もともと耐久性に優れた建築材料。

数百年前に建てられた木造の寺院が、現在でも数多く残っていることからも、その耐久性の高さが伺えます。
適切な設計・施工・メンテナンスを行うことで、木造住宅長きにわたって使い続けることが可能になるのです。

名月住建では、新築住宅はもちろんのこと、断熱対策をしていない住宅への断熱リフォーム工事のご相談にも応じています。
結露で悩んでいる方、今のお住まいに長く住み続けたい方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

お知らせ

「設計力」と「地域密着」、そして「メンテナンスの徹底」。それが名月住建の“強み”です!

こんにちは、名月住建です。

皆さんは家を建てようと思ったとき、最初に何を考えますか?

「こんな家に住みたいな」と理想の家を思い浮かべると同時に、「どこにお願いするべきか」と考える方も多いでしょう。

ご予算の中で理想のマイホームを叶えるために、あなたに合った住宅会社を選ぶことが大事です。

今回は、私たち名月住建の家づくりの“強み”をご紹介させていただきます。

  • 設計力

たとえば一般の工務店は自社の従業員である建築士が家づくりをプランニングしますが、弊社ではアトリエ建築家と呼ばれる独立系の一級建築士が当店と連携しながら設計を手がけます。お客様の志向やライフスタイルに合ったオリジナリティ豊かな住まいをカタチにできることはもちろんですが、かといって割高になるということもありません。クオリティーの高い家が手の届く価格で建てられます。

 

  • 地域密着

弊社のお客様の約7割を占めるのが、地元、尼崎・阪神エリアの方と既存のお客様からのご紹介の方。企業姿勢を良く知る地元の方や紹介のお客様が多いことは、私たちの家づくりに対する満足度が高いことの証と、励みにしています。その輪を広げていくことで多くのお客様と出会い、高性能な「お家」を建てていくことが私たちの使命。「家を建てるなら、名月住建がおすすめ!」と自信を持ってご紹介できる、お客様満足度の高い地域密着工務店であり続けます。

 

  • メンテナンスの徹底

私たち名月住建では、「家づくり」は、お引渡しをしたら終わりでなく、暮らしの変化や年月の経過と共に、メンテナンスをしながら住み継いでいくものだと考えています。そのため、竣工したお家には必ず定期訪問しています。安心して長くお住まいいただくためには、計画的なアフターメンテナンスが大切。ちょっとした不具合などでもお気軽にご相談していただける関係性を一番大切に考え、一生涯のパートナーとしてご支持していただけるようスタッフ一同で対応しています。

お客様のより豊かな生活を実現する家づくりを、ぜひ名月住建にお任せください。

 

 

お知らせ

オーダーメイドキッチンなら、人気のドイツBOSCH製食器洗い機がビルトインできます!

こんにちは、名月住建です!

先日、当社の塚口スタジオに展示している、KOBE STYLE製のセミオーダーキッチン「FUN×kichen」をご紹介しましたが、もうご覧いただけましたか?

(まだの方はこちら→http://meigetsu-jyuken.com/?p=612

今回は、この塚口スタジオのキッチンにビルトインされているドイツ製BOSCH(ボッシュ)ブランドの食器洗い機をご紹介します。

 


BOSCHの食洗機
は、湿気を取り込むと発熱する鉱物ゼオライト)を搭載し、従来の余熱乾燥では乾きにくいといわれるプラスチックの食器もカラッと乾かしてくれるのが最大の特長です。

しかも、食洗機本来の性能はしっかりとキープしながら、水やエネルギーの使用を抑えたエコ仕様。
ECOモードなら通常の食器洗いと比べて約1/10の水量で洗えます。

国産メーカーの一般的なビルトイン食洗機が横幅45㎝であるのに対して、BOSCHの食洗機は大きなお鍋やボウルもしっかり納まる幅60㎝のワイドタイプ。
デリケートなワイングラスもキレイに洗える設計となっています。

さらに、図書館と同じレベルの静かさなので、運転音が気にならないこともポイント。
開くと操作パネルが現れ、扉面部にパネルやボタンがないため普段はスッキリした印象です。

運転状況を足元のライトでお知らせしてくれるのも楽しいですね!

現在、BOSCHの食洗機をビルトインした「KOBE STYLEキッチン」を採用された名月住建のお客様にコードレス掃除機と食洗機用の洗剤&リンス1年分、3年間の保証延長のプレゼントキャンペーンを実施中です。(2018年3月末まで)

キッチンや食洗機の使い勝手や性能などを実際に触ってお確かめいただくことができますので、ぜひお気軽に名月住建塚口スタジオまでお越しくださいね!

お待ちしています!

 

お知らせ

阪神・淡路大震災の過ちを二度と繰り返さないために、地震に負けない家づくりを。

こんにちは、名月住建の河野昇徳です。

6,000人を超える尊い命が失われた阪神・淡路大震災から、明日で23年。

亡くなられた方の死因の9割は、建築物の倒壊による圧死だったといわれています。

しかしながら、地震対策が不十分な住宅が全国的にもまだまだたくさんあるのが現状です。

地震に対する建物の強さを表す「耐震等級」という耐震性の目安となる表示をご存知でしょうか

耐震等級は、1~3の三段階に分けられており、3が最高等級なっています。

数百年に一度発生する地震力が建築基準法で定められており、これに耐えられるものが等級1。

等級2はその1.25倍、等級3は1.5倍の強度になります。

 

当社では、家を建てるお客様に住宅の耐震等級を選んでいただきますが、長期優良住宅の認定を取る場合は、最低でも耐震等級2以上の強度が必要となります。

地震に強い住宅の購入を検討しているなら長期優良住宅の認定基準を満たしているか否かが、地震に強い家かどうかの判断材料になりますので、ぜひ覚えていてください。

耐震等級を上げるためには、建物の基礎や耐力壁の強化、柱や梁などの増強が必要になりますが、予期せぬ災害に備えるために、より安心の耐震等級3で建てていただくのがよいでしょう。

 

現在の建築基準法では、「4号建築物」と呼ばれる一般的な木造2階建て住宅は、3階建て住宅と異なり、荷重・外力に基づいた「許容応力度計算」などの構造計算は、確認申請の審査において必要とされていません。

しかし、より安全な建物を希望される場合、当社では2階建て住宅であっても「許容応力度計算」を行うことをお勧めしています。

 

多くの方が苦しんだ、あの大きな地震に見舞われたときのことを思い出してください。

変わり果てた街の姿を目にして、あのとき私たちは何を思いましたか。

これから家を建てる方には、耐震等級や構造など耐震性についてもじっくりと考えた上で、住まいを選んでいただきたいのです。

 

家族や財産を守るはずの住宅が凶器になることがないよう、家づくりに関わる者として、今後も建物の安全性能を高める必要性についてお伝えしていかなければならないと強く感じています。

 

 

お知らせ

1月20日(土)・21日(日)は、完成見学会。名月住建の家づくりを体感してください!

松の内のにぎわいも過ぎてようやく平穏な日々が戻ってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さてこのたび、名月住建で実際にマイホームを建てられたお客様の新築住宅を特別に公開いたします!

名月住建の家づくりに対する想いや多彩なアイデアが詰まった新築住宅をご覧いただけるまたとないチャンスです!

ぜひご家族そろってお越しください。

 

▼完成見学会の詳細はこちら▼

日時:1月20日(土)・21日(日)10:00~17:00

場所:尼崎市尾浜町

※前日までにご予約の上、お越しください。

現地駐車場もご用意しています。

現地までのご案内をご希望の方は、予約時にお知らせください。

 

▼ご予約・お問合せはこちら▼

MAIL:info@meigetsu-jyuken.com

TEL:06-6427-1801

今回の完成見学会のお家は、自由設計の新築注文住宅

26坪の土地に車2台分のガレージを確保し、日当たりと風通しが良好な2階にリビングを設けました。

ご夫婦とお二人のお子様の快適な暮らしを実現した住まいをぜひご覧ください。

ご来場いただいた方へ営業や売込みなどはしておりませんので、どうぞお気軽にお電話またはメールにてご予約くださいね。

当日は、家づくりのことで気になることや疑問などをお持ちの方には、スタッフがお答えいたしますので、お気軽にお声掛けください。

 

たくさんの皆様のお越しをお待ちしています。

 

 

お知らせ

私たち自身が「住みたい」と思える家づくり。それが名月住建のこだわりです。

こんにちは、名月住建です。

今回は、あらためて私たちの家づくりに対する考え方をご紹介させていただきます。

家づくりで大切なのは、家族みんなが快適に、安心して暮らせる住環境を実現すること。
そのためには、「デザイン」「性能」「コスト」のすべてに満足していただける家づくりをすることが大切だと、私たちは考えています。

 

  • デザインとは

建築家によるデザイン性の高い家づくり

 

  • 性能とは

高断熱・高気密・高耐震にこだわった家づくり

 

  • コストとは

コストパフォーマンスの高い家づくり

 

「誰もが“いつか住んでみたい”と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する」。それが、名月住建Harvest Architectureの目指す家づくり

 

そのような“理想をカタチにする家づくり”に欠かせないのが、建築家の存在です。

建築家は、お客様それぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案し、将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。

「建築家に依頼すると、設計料が高くなってしまうのでは・・・」と、躊躇されるお客様も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、弊社では、建築家との家づくりの流れを可能な限りシンプルにすることで、こうした悩みを解決しています。

また、「家」は、家族の思い出を刻むものだからこそ、快適に健康に、長く暮らせるものであるべきだと名月住建は考えます。

夏は涼しく、冬は暖かい。

月々のランニングコストをできるだけ抑える低燃費なエコハウスの家づくりをご提案し、高性能を追求した、快適で高耐久な住宅を実現します。

 

建築家強みである“プランニング”と“デザイン”、工務店強みである“コスト”と“施工”の両方を生かしたクオリティーの高い家づくりで、あなたのマイホームの夢を叶えます。

お知らせ

新年あけましておめでとうございます。名月住建です。 ~ 尼崎・阪神エリアの新築注文住宅~

 

新年あけましておめでとうございます。
旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。
本年も名月住建スタッフ一同、さらなる努力を重ね、快適で心地の良い暮らしを実現する家づくりに邁進してまいります。
2018年も倍旧のご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

お陰を持ちまして、昨年、名月住建株式会社は、尼崎市南塚口町に「Harvest Architecture(ハーベストアーキテクチャー)塚口スタジオ」をオープンいたしました。
尾浜町の本店と同様に「前を通ったから、ちょっと寄らせてもらったよ!」と、そんな気軽な気持ちでのぞいてもらえるアットホームな地域の皆様のためのお店を目指してまいります。

そして、今年はあらたに新春より不動産事業部を立ち上げます!

家づくりリフォームのご相談はもとより、土地探し物件探しのお手伝いまで、幅広く地元の皆様のお役に立てるようサービス拡充を図り、多くのお問い合わせにお応えできる体制もしっかりと整えてまいります。

 

ホームページやSNSを通じた情報発信にも力を入れ、家づくりの情報だけでなく、土地や物件情報、快適に暮らすためのアイデアや最新の住宅事情などもお伝えしていきますので、2018年も私たち名月住建の情報発信にご注目いただければ幸いです

昨年いただきましたご縁に感謝すると同時に、地域の皆さまのご期待にしっかりお応えできる工務店として、2018年、新たな決意を持って臨んでまいります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

名月住建株式会社 代表取締役社長 河野昇徳